支払いはスムーズに

山積みの書類

本州に本社を置く大手鉄道会社では、それぞれ電子マネーを発行しています。これに加えてそれぞれの会社の駅構内にある店舗で使えるようにして、集客を行っています。こうすることで鉄道業と非鉄道業において、二重の集客をすることができます。 最近では、駅構内にある店舗以外でも使うことができる店が拡大しています。これによってあらかじめお金をチャージしておけば、一枚の電子マネーで買い物ができます。また小売店においては、鉄道会社発行の電子マネーを使えるようにして集客を図っています。 また本州に本社を置く大手鉄道会社同士で、電子マネーの相互利用を行っています。これによって、鉄道の利用だけでなく買い物においても集客をするという戦略が採用されています。

大手鉄道会社各社が発行する電子マネーを使うことで、色々なメリットが発生します。まず切符を買う必要がなく、改札にかざすだけで済むので時間の短縮になります。特に目的の列車の発車時間が迫っていたり、切符発売所が混雑していたときは効果的です。次に駅の構内にある店舗で買い物をするときに、かざすだけで済むので支払いに時間がかかりません。そのため列車を待っている時間が少なくても、買い物をすることができるのです。 一方で大手鉄道会社各社は電子マネーを使えるようにすることで、得があります。一枚のカードで列車の利用や買い物ができるので、利用者を増やすことができます。さらに電子マネーに集められた情報をもとにして、鉄道会社各社は次の集客方法を考えることができます。